中学受験の必要性を考える

中学受験は必要か不必要かよく議論されますが、確かに中学受験にはメリットもあればデメリットもあります。まだ小学生のうちから塾に遅くまで通い、遊ぶ機会を削ることになることが将来良い結果を生むかという問題もあります。

自発的に勉強したいという子であれば楽しく勉強ができるかもしれませんが、親からやらされている感が強いとただ勉強が嫌いになってしまうこともありえます。

ですが中学受験をすることで、この後の高校受験、大学受験へと続く勉強の仕方を学ぶこともできるのも事実です。小学生のうちから勉強の仕方を覚え、勉強を習慣づけることは大切なことです。高校受験の時に初めて受験勉強をすることになっても、どういった勉強をすればよいかわからない、試験で緊張していまい実力がだせないなんてことになっては困ります。
試験になれるという意味でも受験勉強に慣れておくというのも大切なことです。

ただ私立中学校だ、公立中学校へいっても地域差があり、公立中学校のほうが質のよい授業を行っている場合もあれば、その逆ももちろんあります。どうしてその中学受験をしたいのか、そしてそれからの勉強がどう?がるのかを考えて中学受験を考えていきましょう。

PAGETOP